モテる男は【間】が上手い!

男磨き
この記事は約4分で読めます。

誰しも2度や3度、「間」が悪かった経験はありますよね。
話しかけるタイミングを間違えてしまったり、
誘ったタイミングが悪かったり…

「間」が悪いとは相手が感じることなので、自分では分からない事が多いのですが
モテる男は「間」の取り方がとても上手い大人の男性です。

なぜ<間>の使える男性はモテる男と感じるのか…


誘っても断れてしまう。会話が途切れてしまう。
仕事でも一生懸命やっているけど、結果が出てこない。

などと感じることがあったら是非参考にしてみてくださいね!

スポンサーリンク

間が悪い男の特徴

まず「間」が悪い人はマイペース過ぎたり、自己中心的な性格の人が多いです。

相手の状況を把握していていないのか、把握できないのか。
自分本位の人が多いため相手の都合は考えていません

周囲との歩調を合わせられず
現実世界で悲劇のヒロインを演じているイメージです。

こゆ人達は、こんなに頑張っているのになんで?
どうして分かってくれないの?
との雰囲気を出して空回りしているんですよね。

他にも「間」が悪い男性の特徴はと言うと

観察力がない

その人の表情やしぐさ・行動を見ていればどのような状況なのかある程度は察しがつくものです。

人の行動や発言に興味がないため
相手がどのような状況にあるのかが分かりません。

そのため、このタイミングで?って時に
呼び止めて頼みごとをしてきます。

想像力が足りない

目的を達成する前に想像をして行動に移していきますが
基本的にそこには相手の心情や状況が含まれていません。

例えば
平日で仕事が忙しいだろうから、休日になったら連絡してみよう。
電話をしているから、掃除機はあとでかけよう。
などのちょっとした配慮が足りないのです。

情報収集がたりない

経験不足で情報が足りていない場合も間が悪い状況になります。
経験値が低い方は相手の心情を読み取ることが苦手で空気がよめません。

人とのコミュニケーションを避けてきた人は、
人間関係において経験不足の方が多いのです。

おせっかい

相手のためとアレやコレとおせっかいをやいてしまう人も
間が悪かったりします。

良かれと思って行っている行動かもしれませんが
的が外れていたりするんです。
相手のためと言いながら
すべて自己都合で行動していることの方が多いからです。

気持ちに余裕がない。

忙しくしていると心ここにあらずで
自分の事ばかりに精一杯になってしまいます。

すると、相手の想いを組む余裕もないため
なんで今?と、よく分からない行動を起こします。

意思疎通もできず、相手ともタイミングもズレてきてしまいます。

間を扱うモテる男になろう

間が悪い男性は恋愛だけではなく
ビジネスもうまくいかない傾向があります。

関係を発展させるには、
相手を分析して何を求めているのかを察していかなければいけません。

ビジネスにおいても先方が求める情報や欲しい商品を
提案していかなければ契約がとれないのです。
「間」がよい男性はモテる=デキる男性にも繋がっていくのです。

相手の立場にたって考える

相手がどうして欲しいのか。何を求めているのか。
コミュニケーションをとり自分本位にならないように接していきましょう。

自分がしたいからする。のではなく
まずは相手はどのような状況なのかを考えてから行動に移しましょう

計画性をもつ

行き当たりばったりで計画性がないと
デートもうまく行かず間が悪いと思われます。

慣れている相手であればよいのですが
最低限、食事をする場所や時間の予約・遊びにいく場所の情報ぐらいは収集して楽しい時間を過ごしましょう。

普段から計画をもって行動していないと
いざ行動しようとしても間が合いません。

行動力は間をよくする1歩なのかもしれませんね。

周囲に興味を持ち人との関わりをもっていく

積極的に他人と関わりを持つことが相手の立場に立って考えることができるようになる近道です。

いろんなタイプの人とコミュニケーションを取ることで
その場の空気がよめるようになります。

空気を読むことは経験していかないと分かりません。

まとめ

20代~30代前半ならまだしも30代後半になると
間の悪さは恋愛だけではなくビジネスにも響いてきます。

仕事がデキる男性はモテるのは共有していることは多いです。

間が悪いだけで性格が悪い訳ではないのです。
いつも間の悪い残念な人と思われないように、気を付けたいですね。

タイトルとURLをコピーしました