脱毛の自己処理のデメリットと解決策

脱毛
この記事は約2分で読めます。

肌を露出する季節になりムダ毛の存在が気になって自己処理をされている方も多くいらっしゃいます。

自己処理の方法として、脱毛剤・家庭用脱毛機器やカミソリ・毛抜きなどさまざまです。

特に男性はヒゲ処理を毎日されているかたも多く、最近では男性もヒゲ以外の処理をされてる方も増えてきました。

ただ正しい処理をしていかないとは肌トラブルになりかねません。
効果を得るために自己処理のデメリットと解決法を詳しく見ていきましょう。

スポンサーリンク

自己処理のデメリット

脱毛は自己処理をおすすめしていない美容家や先生もいらっしゃいます。

自己処理における肌トラブルを徹底解説していきます。

①毛包炎
毛穴の奥の毛根を包んでいる部分で最近が入ってしまいニキビのようなブツブツが肌に現れる皮膚炎 白く生んだりもする。
②埋没毛
毛抜きの処理などで皮膚の下から伸びようとする毛が角質に邪魔されて皮膚表面に出てこられなくなる。 毛穴が塞がってしまう「埋没毛(まいぼつ毛)」
③色素沈着・乾燥
一番多いトラブルでカミソリなどで同じ個所を繰り返し処理していると刺激を受けた皮膚が厚くなったり黒くなる 表皮が削られて乾燥肌になる。

脱毛による肌トラブルの対処法とおすすめ

ムダ毛を剃毛する前と後は必ず肌を保湿することを心掛けましょう。

肌がカミソリ負けをしていたり、傷つくと黒ずみの原因になるので保湿していきましょう!

他にも家庭用脱毛器を使用する際は 楽天ショップ「美容・ヘアケア・ネイルジャンル賞」を受賞した。ヤーマンのムダ毛ケア用 光美容器【レイボーテRフラッシュシリーズ】がおすすめです。

レイボーテメンズフラッシュZERO

美肌理論に基づいた高速ムダ毛ケア
1回で効果を実感。美肌ケアもできる光美容器。しかも90日間返金保証
ローラー付きワイド照射口で時短ケア。
スポットヘッドで細かい部位も残さない!
全身に使える・満足度92% 雑誌・メディアに掲載多数。

エステサロンのようなフォトケアができてムダ毛と同時に美肌ケアもできるんです。

TVや雑誌での紹介多数!
40年以上、日本人女性のムダ毛悩みと向き合ってきた美容機器専業メーカーだから安心!

ヤーマンシリーズは当サロンでも使用していて脱毛器やEMS機器・セルライトマシーンなど使用しているのでお勧めの美容機器メーカーです。

レイボーテRフラッシュダブルPLUS

タイトルとURLをコピーしました