今夜くらべてみました。井上咲楽さんが手作りしていた卵の薄皮化粧水とは?

ときめきエンタメ情報
この記事は約7分で読めます。

6月2日 日テレ 今夜くらべてみました。に出演した井上咲楽さん
トレードマークだったげじげじ眉毛を整えて可愛くなったと話題ですよね!

ただ井上咲楽さんの美容法から食事まで驚愕してしまったのでご紹介します。

試すか試さないかはあなた次第!

スポンサーリンク

卵の薄皮で手作り化粧水

卵の薄皮と焼酎、精製水、グリセリンを調合して作っているそうです。

卵の薄皮は高級化粧品にも含まれているヒアルロン酸がたっぷり。

コラーゲンやヒアルロン酸が豊富で、
18種類ものアミノ酸もバランス良く含まれているんですね。
ヒアルロン酸には保水力・コラーゲンの保持・シミ防止・新陳代謝を高める
効果があるんです。

因みに卵も内側からも外側からも栄養価の高い卵を選びたいですよね!
おすすめの卵はこちら
食べ比べもできるバラエティーパックです

卵殻膜化粧水の作り方


卵殻膜化粧水とも呼ばれています。

【 材 料 】

  • 卵の薄皮(卵殻膜) 卵10~20個分
  • アルコール度数40度以上の酒(焼酎・ウォッカやホワイトリカーなど) 150ml
  • 精製水 適宜
  • グリセリン 適宜

【 作り方 】

①卵の薄皮を剥がします。
卵白のヌルヌルはキレイに洗い流して
しばらくお水につけて半日~1日くらい浸します。

②その後、剥がした薄皮はザルなどに乾燥させます。

雑菌が繁殖してしまうのでキレイに卵白のヌルヌルを洗い流して
しっかり乾かしましょう


③アルコールに乾かした卵殻膜をつけこみ
冷蔵庫にて1週間放置します。

これで原液は完成です、
冷蔵庫保存で3ヶ月ほどもちます。


➃原液:精製水:グリセリンを、
5:4:1の割合で混ぜて化粧水は完成です。

防腐剤が入っていないので、冷蔵庫で保存して1週間程度で使い切りましょう。

TVではここまで…実は他にも薄皮の活用法があるんです!

卵の薄皮パック

目じりや口元などの小ジワには卵の薄皮パックがおすすめです!

やり方はいたって簡単♪

①卵の殻から薄皮をはがして、気になる小ジワに密着
②乾燥したら水で洗い流します。

もしくは

①卵から殻をはがして乾燥させます。
②貼り付ける際は水で濡らしてから顔に密着させます。

たんぱく質は昆虫食

たんぱく質は昆虫を食べているんだとか!それもコウロギ

確かにたんぱく質は豊富と言われていますが
声を大にしていいます。
わたしはぜ~~~~~~~~~ったい無理です~~~~~~~~~!

まとめ

他にも調味料は塩こうじを活用していて、数種類の塩こうじがストックされていました。

いかがでしょうか。

卵の薄皮美容はコスパ最高です。試してみてください。

タイトルとURLをコピーしました