ダチョウ抗体原料の作り方と種類

ダチョウ抗体

地球上最大の鳥類であるダチョウは、病気で死ぬことがほぼなく驚異的な免疫力と回復力を持っています。 その生命力と卵の大きさ、産卵量に着目し、ダチョウを傷つけることなく抗体を卵から抽出することに成功。
熱や酸性・アルカリ性のどちらにも強く、他の抗体に比べ大幅なコストダウンを実現したことで様々な製品化が可能になり、その活用が世界中から期待されています。
そしてダチョウを傷つけることなく抗体を抽出することができるのです。
どのように抽出され、どんな特徴があるのでしょうか

ダチョウ抗体の抽出方法

無害化の抗原をダチョウに投与するとダチョウの体内に抗体がつくられ抗体入りの卵が産まれます。そのダチョウの卵を分離および精製を繰り返し、卵黄から抗体を抽出します。

名称未設定 1

ダチョウ抗体は卵から2〜6週間で精製ができ、どんな抗原に免疫しても2週間以内に抗体を作るされています。ウサギやニワトリに比べて卵の大きさや産卵量が格段にちがいます。
ダチョウは、ニワトリの30倍のサイズ、1.5kgの重さの卵を産み
産卵数は年間平均約40~70個 使用する卵黄1個あたり2g〜4gを回収することができます。
ダチョウ1羽あたりで抗体を年間400gを生産することができる。
これは、ウサギ800羽での抗体生産量に匹敵します。
https://petsaver.jp/PDF/VBLOCK01.pdf

驚異の最強鳥類と名だけありますよね!
マウスやウサギなど動物を用いた抗体抽出は命を犠牲にしていましたが
ダチョウの命を奪うことなく抽出することが可能なのです。

ダチョウ抗体の特徴

画像2

①熱に強い
120℃でも0℃でも機能が保存される
②酸性・アルカリ性どちらにも強い
PH3.9 PH11でも機能が保存される
③機能の安定性が高い
安定した抽出ができる

ダチョウに無害化した抗原を投与して抗体を生成し、抗体を含んだ無精卵からダチョウの命を犠牲にすることなくスピーディーかつ質のよい抗体を抽出しています。

ダチョウ抗体の種類

現在ダチョウ抗体はウイルス・花粉症対策・スキンケア製品、ヘルスケア製品、健康食品、日用品など多岐に渡る製品が開発されています。
ダチョウ抗体は種類豊富に検出されるようになったからです。

・感染症対策

抗新型コロナウイルス抗体
抗インフルエンザウイルス抗体
抗エボラウイルス抗体
抗ジカウイルス抗体
抗MERS抗体
抗SARS抗体
抗デング熱ウイルス抗体

・スキンケア対策

抗アクネ桿菌抗体
抗黄色ブドウ球菌抗体
抗セラミダーゼ抗体
抗緑膿菌抗体
抗メラニン美白抗体

・アレルギー対策

抗ハウスダスト抗体
抗スギ・ヒノキ・イネ・ブタクサ花粉抗体

・ヘアケア

抗頭皮環境正常化抗体
抗薄毛抗体

・オーラルケア

抗歯周病菌抗体
抗ミュータンス菌抗体

・ヘルスケア

抗ラクターゼ抗体
抗リパーゼ抗体
抗アミラーゼ抗体

赤ちゃんやお子様・アトピーの方まで使用可能のダチョウ抗体
花粉症になったダチョウから抗体抽出したことが抗スギ・ヒノキ・イネ・ブタクサ花粉抗体ができました。その他どんな商品があるのかご紹介します。

↓ココ↓をポチッとなしてくれるとうれしいです💗

タイトルとURLをコピーしました